ミュージアム案内

西洋の木版印刷

板目木版と木口木版

板目木版と木口木版

木版印刷がヨーロッパに伝わったのは、14~15世紀頃だといわれる。板目木版が一般的だったが、18世紀末には緻密な図柄が彫れ耐刷力も高い木口木版が創始された。(※フランス19世紀の版木は他にも多数所蔵)

装飾用の版木

装飾用の版木(19世紀 フランス)

12片の木口を接合した版木

12片の木口を接合した版木(19世紀 フランス)